移行・導入支援サービス

移行・導入支援サービス
AWS (Amazon Web Services)に代表される、さまざまなクラウド環境のメリットを活用したシステム運用は、今やすっかり一般的になりました。オフィス内(オンプレミス)やデータセンター内から、クラウド環境へ移行することで、運用コストの削減や、システムの拡張性、安定性の向上といった効果が期待できます。一方で、現行サービスの全てをクラウド環境に移行しても、想定していた性能やコストの削減が実現できない場合もあります。
アーヴァイン・システムズは、オープンソース・ソフトウェア(OSS)環境におけるシステム開発とサービス運用における幅広い経験を活かし、御社の現行環境をアセスメント(調査・評価・問題の抽出)し、最適なソリューションをご提供いたします

サービス内容

御社システムを新環境に移行します。
P2V *¹, V2V *², V2P *³ いずれの移行もお任せください。
ご要望に応じて、下記のような項目に対応いたします。

・OS, ミドルウェア、データベースのバージョンアップ
・構成変更
・データ移行
・データベース再構築
・複数サービスの順次移行
・クラウド環境とオンプレミスとを組み合わせた
 ハイブリッド運用のための移行
・サーバー運用環境の選定、提携先データセンタークラウド
 サービス等のご提供
・負荷テスト、パフォーマンス・チューニング

オプション・サービス

アーヴァイン・システムズの移行・導入支援サービスは、下記サービスと組み合わせてご利用いただけます。
移行・導入支援サービス流れ
*¹ P2V
レンタルサーバー、ハウジング等の物理環境からクラウド等の仮想環境への移行(Pysical to Virtual)
*² V2V
クラウド等の仮想環境から別の仮想環境への移行(Virtual to Virtual)
*³ V2P
クラウド等の仮想環境からレンタルサーバー、ハウジング等の物理環境への移行(Virtual to Pysical)
詳しくは、お問い合わせください。

お問い合わせ

マネージド・サービス窓口